No Gain without Pains

自動車関連エンジニアによる読書のすゝめ

【おすすめ本】組織のリーダー、マネージャー層が読むべき本 7選

企業、学校、病院、役所 etc・・・ 大多数の人が何らかの組織に所属していると思いますが、年を取って経験を重ねると、リーダーやマネージャーという役目を負うようになります。 そして、そんな立場に立つと、若い頃には見えなかったモノが見えてきたりしま…

苫米地博士の「知の教室」 <苫米地英人 著>

苫米地博士の「知の教室」 苫米地英人 著 ●どんな本? 一見、タイトルからこの本の内容を推し量るのは難しいかもしれません。 概要は、 編集者が疑問に思った17の事柄について、博識な苫米地博士が 出来るだけわかりやすく、たとえ話などを織り込んで、対話…

大局観 <羽生善治 著>

「大局観 自分と闘って負けない心」 羽生善治 著 羽生さんの前著「決断力」の続編です。 前著の中でも少し出てきた「大局観」という概念。 その概念がもつ勝負の世界での重要性について、超一流の勝負師である著者が自らの経験を通して語っています。 この「…

決断力 <羽生善治 著>

「決断力」 羽生善治 著 いろいろなカテゴリーで活躍している人に対して、自分的にリスペクトする人は何人かいますが、羽生さんもそのうちの一人です。 自分は将棋はからっきしダメなので、羽生さんの将棋の内容についての評価はできませんが、残してきた実…

動的平衡3 <福岡伸一 著>

動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ 福岡伸一 著 福岡先生の動的平衡シリーズ第3弾!! 福岡先生が提唱する「動的平衡論」 それは、組織論や芸術論といったところまで拡張できるのか? といったテーマで書かれている本書です。 福岡先生の著書…

動的平衡2 <福岡伸一 著>

動的平衡2 生命は自由になれるのか 福岡伸一 著 前著「動的平衡」の続編です。 「生物と無生物のあいだ」「動的平衡」と読んで、福岡先生の生命観に魅せられた私は当然のごとく、続編である本著も読み進めました。 読み終わった後のなんとも言えない知的興…

動的平衡 <福岡伸一 著>

「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」 福岡伸一 著 以前紹介した福岡先生の著書「生物と無生物のあいだ」が非常におもしろかったので、そこで出てきた「動的平衡」という生命観をそのままタイトルにした本書も読んでみました。 結果、やはりおもしろい!!…